巨人倍増
威哥王
媚薬
紅蜘蛛
三便宝
精力剤

上海漢方

2013年11月11日

鼻処置はガラス吸引管を使い、痛みのない処置に努めます

小児副鼻腔炎の治療方針はA.鼻処置はガラス吸引管を使い、痛みのない処置に努めます。紅蜘蛛
鼻汁をすうとき、鼻の奥に金属管をつっこみませんから、小児は痛くありません。恐いという先入観やビックリしたりして泣く子はいますが、全然痛くありません。
B.抗生物質はできるだけ短期間の使用にとどめます。
鼻汁が緑色をしている、いわゆる青バナや黄バナはバイ菌の感染の証拠です。そのような場合には抗生物質を処方いたします。鼻汁の色が透明になってきたら、抗生物質は処方せず、なるべく短期間の服用で済むようにしています。
C.飲み薬の副作用を避けるため、積極的に点鼻液を使用します。
乳幼児で鼻づまりがきつい場合には炎症止めの点鼻液を処方いたします。さらに抗生物質の内服薬を数回処方しても鼻汁の濁りがあまりとれてこない場合には抗生物質の点鼻液を使用します。
D.小児では原則として、レントゲン検査をいたしません。
小児では副鼻腔が小さく、すぐに膿が鼻に出てくるため、副鼻腔の状態が鼻の中の状態にほぼ正確に反映されます。つまり、鼻の中に膿汁があれば、副鼻腔にも膿がたまっており、鼻のなかがきれいなら、副鼻腔炎も治っていると判断してほぼ差し支えありません。
E.症状がなく、鼻の状態が良くなれば、すぐに通院を終了とします。
お母さんが気づく症状がなくなっても、鼻の奥で鼻汁がたまっているということが少なくありません。診察で鼻の中の状態がよくなれば、積極的に治療の終了をお伝えしますので、それまで通院いただくことをお勧めします。
もちろん、また症状が出てきた場合にはお早めに。
小児では、かぜなどをきっかけにすぐに副鼻腔炎になります。大人の副鼻腔炎のように、完璧に膿のたまっていない状態にすれば再発の防止策になるというわけではありませんから、レントゲンで完璧に治っている状態を確認する意味あいは薄いと考えています。
おおむね当院では4〜7日程度の服用期間になることが多いようです。ただし、なかなか鼻汁の濁りがとれない場合には結果的に2週間以上、抗生物質を飲んでいただかざるを得ない場合もあります。中絶薬
posted by 久留巳 at 11:36 | TrackBack(0) | 健康知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

東洋医学の考え方による食事療法で改善する子宮内膜症

子宮内膜症は、子宮内で生育するはずの子宮内膜が子宮の外でも生育してしまうことによって体の様々な部分に悪影響を及ぼす病気です。子宮の外で子宮内膜が生育していしまう原因については諸説あるのですが、残念ながら現在は明確な原因が特定されておらず、原因が特定されていないためにその予防法もはっきりとは分からないというのが現状です。

しかし、子宮内膜症の発症や、症状の悪化に少なからず影響しているだろうといわれているのが、不規則な生活習慣によるホルモンバランスの乱れや、食生活の乱れといわれています。抗酸化作用のあるサプリメントが子宮内膜症の予防や症状軽減に効果を発揮したというデータもあり、食生活を改善改善し、血行をよくしたりストレスを緩和することなどで子宮内膜症を予防したり症状を軽減できる可能性は高いと考えられています。

体の酸化を防ぎ、血行を改善し、ホルモンバランスを整えるような食事による食事療法は、西洋医学的な明確な根拠に基づくものではありませんが、子宮内膜症の予防や症状軽減には、なんらかの影響力をもっていると考えている人は多く、試してみてる価値はあるものだと思います。

具体的にはどのような食事が効果があるとされているのかというと、野菜を中心にバランスのとれた食事をすることです。東洋医学的な考え方では、子宮内膜症になりやすい人の食生活として、油をよく摂取する人、パン中心洋食中心の食生活の人、外食が多い人、甘いものが好きな人、卵の摂取量が多い人、野菜を毎食食べない人、またはバランスよく食べない人というのがあげられています。

このような食生活にならないよう、和食を中心としてバランスよく野菜を取り入れた食事をすることが大切です。食事療法は短期間で効果を発揮できるものではなく、効果を実感できるまでにはある程度の期間しっかりと続けて食事に気をつける必要があります。この食事療法は一般的な健康の維持や回復のためにも効果のあるものですので、ぜひ挑戦してみていただきたいと思います。
紅蜘蛛
中絶薬
posted by 久留巳 at 19:24 | TrackBack(0) | 健康知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。