巨人倍増
威哥王
媚薬
紅蜘蛛
三便宝
精力剤

上海漢方

2014年03月21日

サンドリアの口から出て来た名前に、僕は首を傾げた

サンドリアの口から出て来た名前に、僕は首を傾げた。インモラル
子犬のマルが「一番上の姉様よ」と、僕を見上げ説明を入れてくれる。

「魔王様の大魔獣の中にも、位って言うのがあるのだけど、私やサンドリアお姉様は中位の大魔獣なの。でも、長女のロークノヴァお姉様は、私たちとは別格。10匹居る魔王様の大魔獣の中でも一位、二位を争うほどの力をもった上位の大魔獣なのよ。だから、ベルル様も簡単には召還出来ないの」

「………そうなのか?」

僕は、向かい側に座ってサンドリアの青い毛並みを撫でているベルルに問う。

「うん。……ロクちゃんには可哀想なんだけど、召還がなかなか成功しないの。心の中では良く会話してるんだけど」

そう言ってサンドリアをぎゅっと抱きしめ、頬を埋めた。インモラル

「なるほどな、ベルルでもなかなか難しいのか……」

とは言え、マルゴットやサンドリアでも十分強いのだから、あれ以上の上位の大魔獣など想像もつかない。
そんな事を考えていた時、いきなりサンドリアがベルルの腰辺りに鼻先を押し付けた。

口に何かをくわえ、顔を上げた。

「ベルル様のドレスにくっついてた」

サンドリアがくわえていたのは、丸い頭の妖精だった。

「……?」

「妖精?」

見慣れない妖精である。
いったいどこから付いてきたと言うのか。淫インモラル
posted by 久留巳 at 13:02 | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

住宅街が途切れ、少し畑が続く道の端で女の子がどぶにはまってた

 左角を曲った時、いきなり現れた自転車に驚く。西班牙蒼蝿水
 あぶねぇ〜なぁ。
「あ??」
 住宅街が途切れ、少し畑が続く道の端で女の子がどぶにはまってた。
 それもご丁寧に両足突っ込んでる。
 俺は小走りで近寄ると
「大丈夫か?」
 と聞いてみた。
 女の子は俺を見上げて、両目に涙いっぱいに浮かべていた。俺が声をかけたせいで、そのこぼれそうな涙がほろほろと零れ落ちた。
 中学生か、小柄な高校生って感じだろうか? 私服はわかりずらい。
「自転車避けようと思って??」
 ああ。さっきの暴走してたガキの。
「怪我は?」西班牙蒼蝿水
「それは大丈夫なんだけど??」
 残念なことに、ここは橋本が落ちたみたいな側溝じゃないから、泥水がたっぷり流れていた。
 少女の両足はまさに泥だらけで、悪臭も放っている。
「とりあえず出たら?」と言って手を取り、少女を道路に引き上げてやる。
 なかなかにかわいい子だ。
 これが縁で彼女になっちゃったりしないかなぁ〜?
 ??まぁ。期待してないけどね。
「ちょっと待って」
 声はあげないが泣いてる女の子を置いて、すぐ目の前の家の呼び鈴を押した。
 居ればラッキー。その程度のものだが。
 欲を言えば、良い人だったらいいな。
 門の横の空いた駐車場を見てそう思った。
「はいはい〜」
 出てきたご婦人に事情を説明して、それから少女を傍まで連れてきた。
「まぁまぁまぁ」
「それで、そこの」蒼蝿水
posted by 久留巳 at 12:16 | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。