巨人倍増
威哥王
媚薬
紅蜘蛛
三便宝
精力剤

上海漢方

2014年12月17日

突っ込み所満載の審査と再稼働賛成派の言動

震災からはや3年がたち、ハッキリいって「原発なくともやっていけるじゃん」という風に世間がなりつつある。
現在の再稼働に批判があるのも、結局のところ規制委の審査した安全基準が曖昧だし、事故ったらときの責任の所在が不透明なのも大きな要因だろう
そんな状態で「再稼働ありきの審査」をしても批判が出るのが当たり前だ

まあ、それ以上に推進派の奴等の発言が笑えるんだがな
震災直後〜1年ぐらいまでは、夏と冬の電力消費が拡大する時期には節電要請の数値目標が掲げられていたので、原発推進派は「原発止まってるから電気が足りない!」と言っていたのが(そのくせ、街中ではクリスマスイルミネーションがあちらこちらでやってた矛盾w)、今では「原発止まってるから高い電気代を払ってるし、ガソリン代が高いんだ!」と言っている(まあ、現在は原油価格が値下がりしてるからガソリン価格もかなり下がってきているんですがね)
そもそも、火力の原料であるLNGとか、石油も震災以前から価格は値上がりしていたし、上昇傾向だった。そこにアベノミクスによる円安が追い討ちをかけたに過ぎない(2009年にはレギュラーで180円ぐらいまで行った時期があったし、民主党政権時代はガソリン価格や石炭やLNGも一番価格が高い時期だから今のように円安誘導してたらそれこそ日本経済は死んでいただろう)
というか、再稼働賛成派は月に何十円か値上がりしただけで、生活に支障が出るのか?
原発推進派の人達の収入って電気代払ったらその日のメシ代に困るぐらいのlevelなんですかね

原発推進派の人達ってそんなに貧乏なんですか?
だったら、なおさら節電せえよと思うですがね
なんで、それをしないのでしょうか?
それなのに、原料費の価格に影響する円安を歓迎し、消費税増税を支持してるんだから意味不明です
まあ、生活が苦しい根本的な原因は原発が止まってるからではなく、テメーの金銭感覚の無さが原因だと思いますがね
とというか、「原発動かせば電気代が下がる!」という奴もいますが、下がらんでしょ
円高時代は「原価が値上がりしてる」と言って値上げしてたんですよ
今度は「円安による影響で〜」と値上げしたじゃん
原発動かせば今度は「廃炉費用や最終処分場や中間貯蔵施設の〜」と言って値上げしてくるのは目に見えてるぞ
まあ、なにかしらの『税金』でその辺は盛り込んで来るかもしれんが、電気代がチロルチョコ1個程度の値上がりでギャーギャー喚いている奴等が果たしてそれを受け入れるのか?
それこそ、矛盾してませんかね?
あと、CO2の輩出量やなんかで地球温暖化の原因という人もいますが、原発も海水を暖めているんですから、地球温暖化の一因にはなってるでしょ?
そもそも、現在の地球上のCO2ってすでに飽和状態じゃなかったかね?
日本がCO2を一生懸命削減したところで、輩出量の2トップはアメリカと中国なんだからその両国が輩出量を減らさんことには意味ないんだがな

まあ、このように私は日記とかでも原発関連のことを結構書いてるけど、再稼働推進派から見ると『反原発』になるそうです
そもそも、私は一言も反対とは書いてないんですがね
原発動かすにしても、問題である『核のゴミ』や貯蔵キャパが少なくなってきてる中間貯蔵施設や最終処分場の問題もある
そのような問題がきちんと目処が立ってから動かすなら賛成なんですがねww
それに、私自身、原発で工事や定期修繕作業に従事してたから川内原発にしても免震重要棟の完成が再来年、緊急用のベントの完成が来年とまだ、対策が不十分なのに再稼働をしようとしてるから異議を唱えてるだけあんですがね
なんで、それが「反原発」になるのか意味不明です
現状で原発を止めていてもなんの支障もない状態なんですし、免震重要棟やゴミの中間貯蔵施設や最終処分場の目処がたってから動かしても問題ないでしょ
posted by 久留巳 at 17:51 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

怠け病発症?

昨日しっかり休養を取り体調も回復したと思われましたが、
今朝起きてみると・・・だるい!
熱も平熱だし風邪の症状でも無さそう。

考えられるのは精神的なものです。
このところ日記でも度々書いているように忙しい。
それも目に見えてめちゃくちゃ忙しいのと違い、
不要なものを含め途中からどんどん湧いてくる仕事が多い。
それを想定しながら行動しなきゃならないので、
思うように予定が立てられずイライラ。

こんな状態が続いているので精神的に参っているのかもしれません。
今日も外出中では出来ない仕事が多く、
午前中にさいたま市内と東京港区での打ち合わせを済ませた後、
すぐに自宅に戻り電話とメールのやり取りで書類作成。
普段都内に出ると時間を作って上野公園で写真撮影ですが、
今日はそんな時間が無いのもわかっていたのでカメラ不携帯。

でも自宅から日没の撮影だけしました。
富士山の右の裾野に陽が落ちるのですが、
今日は雲がかかり富士山の姿は殆ど見えません。
3枚の写真ともに富士山が中央に見えるはずなんですけどね〜。

精神的な体調不良は難しいですね。
ひとつひとつ仕事を消化していくしか無さそうです。

明日は昼間は打ち合わせが3件でその後は水上宿泊業務。
ただ蝶の里の常連さんの忘年会に参加するので、
せめてその時間だけは接客とはいえ気持ち良く飲みたいですね。
posted by 久留巳 at 19:04 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きっと、そうですよ

ある劇場の入り口から少し離れた階段に、何気なく立っていた。約10分後、私の後ろに30人ほどが列をつくった。何とも壮観な眺め。いかにも日本人的な習性を見た気がする。

目的地に行列が出来ている場合、何となく並んでしまう。誰しも一度や二度あるのではないか。最後尾の人に何の列か聞いてみると、「たぶん、そうだと思いますよ」と確信を持てぬよう。でも、とりあえず並んでみる。

一人一人順番に聞いても分からず、最後に一番前の人に聞いたら「たぶん、そうだと思いますよ」なんて返事をされたら、もはや落語の世界である。

「たぶん…」は、ある意味で平和の象徴。たぶん並んで間違っていても、特に弊害はない。これが仮に戦時下での食糧配給の列だったならば、喧嘩沙汰になってもおかしくない。

「たぶん」を辞書で引くと、「きっと」より確実性が低く、「ひょっとしたら」よりは高いと書いてある。7割方くらいの信憑性と言えようか。

「きっと、そうですよ」「たぶん、そうですよ」。うーん、同じに聞こえる。「ひょっとしたら、そうですよ」。信じられない。人にそう教えながら、自ら並び続ける人もすごい。

結局、中途半端に副詞が付くからいけない。「そうですよ」と簡潔に言う人の後ろに、私は並びたい。
posted by 久留巳 at 18:50 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。