巨人倍増
威哥王
媚薬
紅蜘蛛
三便宝
精力剤

上海漢方

2014年10月27日

酒類に対する方針が見えない

例えばドイツにおいてビールとは、麦芽、ホップ、水のみを原料としたものだけを指し、コーンスターチ等を加えるとビールとは区分されないと言う。

税とは関係のない、ビールの品質維持のための規制だ。

同じような規制があると言えるだろうか?

あまり酒を呑まない、呑めない私だが、この国の酒類に対する税はいびつだと思う。

ビール類に限れば、ドイツのそれに倣い、
麦芽、ホップ、水のみを原料としたものを“一類”
コーンスターチ等を加えたものを“二類”、
麦芽またはホップを使わないものを“三類”
とでも区分し、基本的には同一の税率を適用。
政策的に変動幅を認める位のことが必要だろう。
巨人倍増:http://www.yahookanpou.com/product/jurenbeizenggouqi%284%29.html

嘗て清酒には等級があった。
特級、一級、二級だ。
これは、味わいや製法の違いではない。
申請し、承認を受ければ付与された等級だ。
違いは税率。
だから、地域重視、味わい重視の醸造元は、申請せずに二級酒として美味い酒を提供したと言う。
この等級が廃されて混乱したのは、等級に寄りかかった商売をしていた所。
だから、これに代わるものとして、佳撰、上撰、吟撰等を冠している。
だが、味わいとは無関係。
清酒は元来、米、麹、水のみを原料とした甘い酒だ。
醸造用アルコールなどは使わない。

等級制が、清酒を“堕落”させた。

ビールとて同じだろう。

そもそもの区分がおかしい。
税率区分を止め、原料区分にすることが必要だ。
ラベル:巨人倍増
posted by 久留巳 at 17:55 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。