巨人倍増
威哥王
媚薬
紅蜘蛛
三便宝
精力剤

上海漢方

2015年01月15日

映画日記 『プロフェッショナル』

古い映画のタイトルを見たり聞いたりして、「ああ、あの映画は良かったなあ」と思うことがよくある。
といっても、多くは“良い映画”だったり“面白い映画”だったという印象が残っているだけだ。
何が良かったのか、どんなシーンが面白かったのか、まったく思い出せない。
今年は意識して昔見た映画の見直しをすることにした。

2015年1月14日(火)
『プロフェッショナル』(1968年)
リチャード・ブルックス:監督
NHKBSプレミアム【録画】

地方の3本立て三番館で、中学生の頃に見ている。
リー・マーヴィン主演の痛快西部劇だ。
といっても、西部劇であったことは間違いないが、いったい何が痛快だったのか、まったく覚えていない。

何ごとも金にものを言わせる実業家の妻がメキシコの山賊に誘拐され、多額の身代金が要求された。
実業家はクラウディア・カルディナーレ扮する妻を救出するために、4人のプロフェッショナルを雇った。リー・マーヴィン、バート・ランカスター、ロバート・ライアンに黒人のウディ・ストロードだ。
4人は炎熱と砂嵐の砂漠を越え、山賊のアジトへたどりつく。
彼らは夜陰に乗じて妻が閉じ込められている部屋に忍び込んだ。
そこへジャック・パランス扮する山賊のボスが現れた。
リー・マーヴィンとバート・ランカスターにとって、彼は、かつてパンチョ・ビラの下で共に戦った戦友であった。
部屋に入るや山賊が実業家の妻を抱きしめる。妻は拒むどころか、山賊を愛おしそうに抱きしめた。目の前の光景にリー・マーヴィンとバート・ランカスターは何かがおかしいことに気づく・・・・

ダイナマイトを使った山賊たちのアジトからの脱出、列車と馬との追走、火を噴く機関銃、アクションシーンが満載。
敵ならば女であっても銃口を向ける非情さ。過酷な砂漠越えの途上で馬が潰れることを予測して、余分の馬を引き連れていくところなど、ディテールがしっかりしている。まさに、タイトル通りのプロフェッショナルたちだ。
乾いたタッチは、今から見ると、明らかにマカロニウエスタンの影響を受けている。
主演者が中年から初老であることから、西部劇版の“エクスペンダブルズ”だなあと思った。
舞台がメキシコで、列車強盗や機関銃が登場し、ロバート・ライアンが出ている。
まるで『ワイルドバンチ』(1969年)の前哨戦みたいな映画だった。

ラストで、リー・マーヴィンが下す決断と、いけ好かない実業家への捨て台詞に胸がすく。
確かに、痛快作だった。
巨人倍増:http://www.xn--tckuez55h0fbkxjnoie3j.com/
花痴:http://www.xn--ogry99byokxmm.com/

タグ:巨人倍増
posted by 久留巳 at 15:57 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412396022
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック